感性を磨く


2016.10.14
 「看護師は感性を養ったほうがいい。排泄や苦痛に接するこの仕事は、
 他の職種と違い、感性を豊かにする場面は少ないから、意識して
 感性を豊かにできるような場所に出かけたほうがいい。
 いい絵を見たり、音楽を聴いたり、そうすることにより感性が養われ、
 人の変化や気づきを感じることが出来る。看護は気づきからだよ」
と先輩に教えてもらったのは、もう十数年前のことです。

先日、箱根旅行に行ってきました。本当は、東北や草津などに行きたかったのですが
連休の直前で、宿が取れなかったこともあり箱根になりました。
東京から近いので、あまり期待もせずに出かけましたが、
行ってみて、あの有名な「彫刻の森美術館」で時間が足りないと感じるほど楽しんでしまいました。
自然の中に優雅に、大きな迫力のある銅像や、人が寝っ転がっている銅像、シャボン玉のお城など
誰がどうやって考えたんだろう~と思わせるものばかりでとても楽しかったのです。

いろんな芸術に触れて、思ったこと。
精神的な余裕があってこそ、感性を伸ばすことが出来るのでは??

感性を養って気づきを大切に、これからも頑張ります☆彡

用賀 看護師 所長  岩〇 

前のページ  < < <   スタッフブログ   > >  > 次のページ
代表メッセージ
入職補助金
訪問看護師の一日
イベントも多彩
スタッフブログ
応募フォーム
スマートフォンの方はこちら
採用拠点T-FIND アクセスははこちら
TLC AGRI 農業体験活動
(株)トータルライフケア公式サイトはこちら
TLC ACADEMIA 新中野
    医療セミナー用 レンタルスペース
   ベッド20台・120インチ大型スクリーン
 

    
詳しくはこちら